Comprehensive Support Project

臨床試験とは

世界中で新しい治療法が開発・研究され、さらに臨床試験によりさまざまな治療法の有効性と安全性の評価が行われています。新しい治療を受けるために、臨床試験に参加するのも一つの選択です。

がん治療の臨床試験

がんの治療法は、世界中で多くの臨床試験を積み重ねて少しずつ進歩し、いまなおたくさんの患者さんの協力を得ながら、よりよい治療法の開発へ向け努力が重ねられています。

臨床試験と治療の進歩

がんの治療には手術療法・放射線療法・薬物療法と最近では免疫療法も考えられます。30年前に、乳がんの手術後に抗がん剤による治療をしたほうが再発が少ないという意見がありましたが、きちんとした根拠はありませんでした。そこで、患者さん約400人に協力してもらい、半分の200人には手術だけ、200人は手術の後に抗がん剤を受けてもらって、どちらが再発する人が少ないかを調べました。その結果、手術だけの患者さんにくらべ、抗がん剤治療を受けた患者さんの方が、明らかに再発が少ないことがわかりました。

このように、治療法を比べてどちらがよいかを決める方法を「比較試験」といいます。また、患者さんに協力していただいて、治療法の有効性を調べることを「臨床試験」といいます。現在、各種がんの薬物療法に有効な薬剤や治療法はたくさんありますが、これらはいずれもこのような臨床試験によって効果が確認されたもので、これはひとえに臨床試験に参加してくださった患者さんのご協力の賜物です。

現在は薬物療法の中でも、分子標的療法や免疫チェックポイント阻害剤のような免疫療法が世の中に出て、がん患者さんに大きな利益をもたらしてきました。

臨床試験への参加

臨床試験の参加規準を満たしていれば、誰でもその臨床試験に参加することができます。臨床試験への積極的な参加が、将来的に、同じ病気で悩む多くの患者さんを救う結果にもつながります。

確認しておきたいこと

【1】参加の可能性について

臨床試験について興味をもたれた場合には、あなたの主治医に、どんな臨床試験が行われているか、参加は可能かどうか尋ねてみてください。

臨床試験は、1つの医療機関で行われるものから、全国の数十の医療機関で共同で実施されるものがあり、同じ病状の患者さんに参加していただくのが一般的です。

【2】試験の内容について

ある臨床試験に参加するかどうかを決めていただくためには、その試験の内容について、できるだけ多くのことを知っておいていただきたいので、担当の医師やナースだけでなく、臨床試験コーディネータ(CRC)と呼ばれる専門の人たちが通常待機しています。もし説明を受けてもわからないことがあれば、納得いくまで何度でも、担当の医師やCRCに質問してください。十分納得したうえで、臨床試験の参加に同意することが大切です。

あなたが臨床試験に参加するかどうかは、あなた自身で決めていただくことであり、あなたの自由です。治療をはじめた後でもいつでも自由にやめることができます。また、断ったからといって、気まずくなったり、診療が受けられなくなったりするなどの不利益を受けることはありません。

CSPOR臨床試験

公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターがん臨床研究支援事業(CSPOR)では、日本におけるがん臨床研究の質と、患者さんのQOL(Quality of Life)向上を目指し、研究者主導の臨床試験をサポートしています。


・CSPORが支援している研究

公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター
Copyright © Public Health Research Foundation. All Right Reserved.