• HOME
  • 研究代表者挨拶
  • 「FEATHER study」とは?
  • 研究概要
  • HOME
  • 「FEATHER study」とは?

「FEATHER study」とは?

高尿酸と腎機能との関係

慢性腎臓病は進行すると透析や死亡リスクが高くなります。脳卒中を含む心筋梗塞や狭心症の要因のひとつでもあり、早いうちにその進展を抑制する必要があります。
腎機能が低下している高尿酸血症の方へは、確かな治療方法が確立されておらず、積極的な治療は行われていませんでしたが、近年になって、高尿酸血症を早期に解消することが腎機能低下を抑制する可能性があることが報告されています。

薬剤による治療

薬剤による治療「フェブリク®錠(一般名、フェブキソスタット)」は、2011年5月に「痛風、高尿酸血症」の効能・効果で製造販売承認を取得した新しい尿酸降下薬です。多排泄経路であるという特性により、軽度から中等度の腎機能低下患者に対する有効性と安全性が示されています。

真のエビデンス『FEATHER study 』

第3期慢性腎臓病を伴う痛風既往のない高尿酸血症患者を対象として、試験治療(フェブキソスタット投与またはプラセボ投与)を行った場合、腎機能低下抑制効果は、フェブキソスタット群がプラセボ群に比して優れているかを検証する研究です。

参加いただく患者さんへ

参加いただく患者さんへこの研究は、将来へのよりよい治療をめざすものです。研究に参加することは、今後の医療の発展に貢献していただけることになります。また、研究に参加中は、通常よりさらにこまやかな検査や観察を行いますので、結果として医師があなたの健康状態をくわしく把握したうえで、診療をうけられる可能性があります。

ページトップへ